放水路(読み)ほうすいろ(英語表記)diversion channel; floodway

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放水路
ほうすいろ
diversion channel; floodway

使った水をもとの河川に導いたり,海へ放流するための水路,あるいは洪水処理の目的で河川から海へ分流させる水路。後者は分水路ともいわれる。大都市を貫流する河川では,洪水流量を流すのに十分な河川敷をとったり,大きな堤防を造ることが不可能な場合が多いので,河川の安全と維持管理のため,分派と放水を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうすいろ【放水路 flood way】

河川における洪水処理の一方法で,洪水の全部または一部を海,湖などに放流するために,川から分派させる形で新たに開削される水路のこと。分水路ともいう。放水路は,おもに地形条件を前提に,現河道の大幅な拡幅の回避,改修区間の短縮,河口港の土砂埋没防止などを目的として計画される。江戸時代に開削された放水路として,大和川放水路,旭川の百間川放水路などが有名であるが,明治時代以降,雄物川放水路,加治川放水路,大河津分水路関屋分水路(信濃川),荒川放水路江戸川放水路,狩野川放水路,豊川放水路,新淀川,太田川放水路など多数開削されており,近代河川改修工事の中核をなしてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうすいろ【放水路】

洪水防止・灌漑・水量調節などのために人工的に設けた水路。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放水路
ほうすいろ
floodwaydiversion channel

洪水防御のために河川の洪水の一部を他河川や海に分流するために開削される水路。放水路は北上川、信濃(しなの)川、荒川、江戸川、狩野(かの)川、豊(とよ)川、太田川など多くの河川で開削されている。水力発電所で発電に使用した水を河川に放流するための水路も放水路tailraceという。川 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうすい‐ろ ハウスイ‥【放水路】

〘名〙 河川の利用価値を増し、あるいは洪水氾濫(はんらん)の害を防ぎ、または水力発電所で利用した水を放流するため、人工的に設けた水路。〔電気工学ポケットブック(1928)〕
※機関車に巣喰ふ(1930)〈龍胆寺雄〉「放水路(ハウスヰロ)の大堤防へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放水路の関連情報