コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆輸出 ギャクユシュツ

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐ゆしゅつ【逆輸出】

[名](スル)
海外に進出した企業の工場で生産した製品を、本国に輸出すること。
一度輸入した物をまたその国へ輸出すること。広く、技術文化などについてもいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

逆輸出の関連キーワードロンドン・ミュージカル東南アジア音楽輸出代替効果プラント輸出唐才子伝論語義疏和紙製品工場海外企業本国

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆輸出の関連情報