コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

這ひ出 ハイデ

デジタル大辞泉の解説

はい‐で〔はひ‐〕【×這ひ出】

這い出ること。また、そのもの。
「跡を濁さぬ水の面、―の蛙」〈浄・薩摩歌〉
田舎から都会に奉公に出てきたばかりであること。また、その者。山だし。
「播磨の三木より―の丁稚(でっち)を召し連れ」〈浮・万金丹・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいで【這ひ出】

田舎から都会へ出たばかりであること。また、その者。山出し。 「その給仕は、このほどの-にて候ゆゑ/咄本・醒睡笑」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

這ひ出の関連キーワード水の面飼ひ屋醒睡笑山出し

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android