通り字(読み)トオリジ

デジタル大辞泉の解説

とおり‐じ〔とほり‐〕【通り字】

人の実名に祖先から代々伝えて付ける文字。源氏で頼朝・頼家の「頼」、義朝・義経の「義」の字、平氏で清盛・知盛・維盛の「盛」の字など。
世間一般に通用して使われる俗字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とおりじ【通り字】

人の実名に祖先から代々伝えて付ける文字。源氏の頼光・頼義・義家・義朝などにみられる「頼」「義」、平氏の忠盛・清盛・重盛などにみられる「盛」の類。
世間に広く通用している俗字。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android