義経(読み)ヨシツネ

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

よしつね【義経】

石川の日本酒。酒名は、義経、弁慶の伝説が残る安宅の地へ先代の娘が嫁いだのをきっかけにつけられたもの。すっきりとした辛口味わい純米酒。原料米は五百万石。仕込み水は白山伏流水蔵元の「山本酒造本店」は明治元年(1868)創業所在地は能美市末寺町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

義経

司馬遼太郎の長編小説。1968年刊行。源義経生涯を描く歴史小説

義経

2005年放映のNHKの大河ドラマ。全49回。原作は、宮尾登美子の小説『宮尾本 平家物語』および『義経』。源義経とその兄弟や親子の生き様を描く。脚本:金子成人。音楽:岩代太郎。出演:滝沢秀明、松平健、稲森いずみ、松坂慶子ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よしつね【義経】

[二] 謡曲「屋島(やしま)」の別名。
[三] 謡曲。源義経にゆかりのある僧が高館の義経の古塚を弔うと、老人が現われて僧を案内して姿を消す。のちに老人は義経の霊となってその最期の様を語る。廃曲。
[四] 明治一三年(一八八〇)北海道開拓使がアメリカ合衆国のH=K=ポーター社から購入した八両の蒸気機関車のうちの一両の名。現在は神戸市須磨区のJR鷹取工場に保管されている。弁慶・静と同型。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義経の関連情報