コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造出 ゾウシュツ

デジタル大辞泉の解説

ぞう‐しゅつ〔ザウ‐〕【造出】

[名](スル)つくりだすこと。「石油から造出した素材」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうしゅつ【造出】

( 名 ) スル
つくりだすこと。 「需要を-する」 「暴力始て奴隷を-し/民約論

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

造出の関連キーワードSST(Social Skills Training)デマンド=プル・インフレーション年中行事(ねんじゅうぎょうじ)E.デービッド ドーマー温泉(兵庫県の旧町名)篠山(兵庫県の旧町名)週刊鋼構造ジャーナル名びろめ(名弘)市原村清兵衛三ツ寺I遺跡ホムンクルス柿崎[町]大垣(市)吉川[町]資金循環表月の輪古墳景気循環論ドーマー一般理論錦(町)

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android