造卵器植物(読み)ぞうらんきしょくぶつ(英語表記)Archegoniatae

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうらんきしょくぶつ【造卵器植物 Archegoniatae】

配偶体上に造卵器を形成する植物の総称であるが,裸子植物は含まない。コケ植物とシダ植物をまとめたもので(H.G.A.エングラー,1892),無管有胚植物と同義語である。有胚植物【西田 誠】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android