コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造卵器植物 ぞうらんきしょくぶつArchegoniatae

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうらんきしょくぶつ【造卵器植物 Archegoniatae】

配偶体上に造卵器を形成する植物の総称であるが,裸子植物は含まない。コケ植物とシダ植物をまとめたもので(H.G.A.エングラー,1892),無管有胚植物と同義語である。有胚植物【西田 誠】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android