コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有胚植物 ゆうはいしょくぶつ Embryophyta

2件 の用語解説(有胚植物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうはいしょくぶつ【有胚植物 Embryophyta】

配偶体上に造卵器を形成し,卵がその中で受精して新しい子ども(胚)となる植物の総称。エングラーH.G.A.Englerの設定した分類群である(1892)。受精が花粉管を通じて行われるか,花粉管なしで直接精子によって行われるかによって,有管有胚植物Embryophyta Siphonogamaeと有精有胚植物Embryophyta Zoidiogamae(無管有胚植物Embryophyta Asiphonogamae)に二分される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有胚植物
ゆうはいしょくぶつ

生殖器官は多細胞のものから退化したものまであるが、配偶子は保護器官に包まれ、卵と精子によって有性生殖を行い、胚を生ずる植物をいう。有胚植物には、コケ植物シダ植物種子植物が含まれる。[杉山明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の有胚植物の言及

【陸上植物】より

…バワーF.O.Bowerが1908年にいいだしたものと思われる。有胚植物や茎葉植物とほぼ同じ内容をもつ言葉で,コケ植物維管束植物が含められる。なお生態学で水生植物に対する陸生植物terrestrial plantという用法もある。…

※「有胚植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

有胚植物の関連キーワード生卵器前葉体配偶体配偶子形成有性生殖造精器造卵器子嚢菌胚発生麦角病(パスパルム)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone