有胚植物(読み)ゆうはいしょくぶつ(英語表記)Embryophyta

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうはいしょくぶつ【有胚植物 Embryophyta】

配偶体上に造卵器を形成し,卵がその中で受精して新しい子ども(胚)となる植物の総称。エングラーH.G.A.Englerの設定した分類群である(1892)。受精が花粉管を通じて行われるか,花粉管なしで直接精子によって行われるかによって,有管有胚植物Embryophyta Siphonogamaeと有精有胚植物Embryophyta Zoidiogamae(無管有胚植物Embryophyta Asiphonogamae)に二分される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有胚植物
ゆうはいしょくぶつ

生殖器官は多細胞のものから退化したものまであるが、配偶子は保護器官に包まれ、卵と精子によって有性生殖を行い、胚を生ずる植物をいう。有胚植物には、コケ植物、シダ植物、種子植物が含まれる。[杉山明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の有胚植物の言及

【陸上植物】より

…バワーF.O.Bowerが1908年にいいだしたものと思われる。有胚植物や茎葉植物とほぼ同じ内容をもつ言葉で,コケ植物維管束植物が含められる。なお生態学で水生植物に対する陸生植物terrestrial plantという用法もある。…

※「有胚植物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android