コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造雄腺 ぞうゆうせんandrogenic gland

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうゆうせん【造雄腺 androgenic gland】

雄性腺ともいう。甲殻類,軟甲亜綱に属する動物の内部生殖器官の一部に付着する紐状の腺性内分泌組織で,雌雄異体の種では雄に,雌雄同体の種では雄相のときにみられる。多くの場合,輸精管か貯精囊の壁に付着する数個の細胞からなり,等脚目の一部では精巣の先端に付着している。造雄腺は最初ワタリガニの一種で記載されたものであるが,シャルニオ・コットンH.Charniaux‐Cotton(1954)がオオハマトビムシでその生理作用を明らかにし,この名をつけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の造雄腺の言及

【間性】より

…一般に後から発生する器官ほど性転換の影響をうける度合が大きく,転換から後の発生期間の長い個体ほど強い間性になるが,これを間性の時の法則という。甲殻類では,造雄腺が発見され,この作用が発生の途中で抑えられると間性になることがわかった。脊椎動物では,間性とホルモンとの関係が明らかになり,メダカ稚魚やオタマジャクシの雌雄に反対の性ホルモンを与えて実験的に間性を誘起することができる。…

※「造雄腺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

造雄腺の関連キーワード内分泌腺雄性腺性徴

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android