コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連合理論 れんごうりろんcoalition theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連合理論
れんごうりろん
coalition theory

連立,連合がいかなる条件で図られるかを理論化したもの。特に W.ライカーは,ゲームの理論を利用して連合理論を展開した。ライカーの連合理論は,政党の戦略的行動に関する理論で,いくつかの条件を満たせば最小勝利連合が成立する,と主張する。彼のいう「最小勝利連合」とは,連合のだれが欠けても勝利することができないような,ぎりぎりの数のメンバーによって構成されている連合を指す。これは連合のメンバー数が多くなればなるほど,各メンバーの取り分が少なくなるためである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

連合理論の関連キーワードランゲ(Konrad Lange)連合(政治学)学習

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android