連用(読み)レンヨウ

大辞林 第三版の解説

れんよう【連用】

( 名 ) スル
続けて用いること。 「この睡眠薬は-すると副作用がみられる」
用言に続くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れん‐よう【連用】

〘名〙
① (━する) 同じ物をひき続き用いること。また、二つの物を続けて用いること。
※制度通(1724)七「一字は諡法にあらざる字を連用すと見へたり」
※第4ブラリひょうたん(1954)〈高田保〉ブラリひょうたん・習慣性「説明書を読むと、連用の場合には習慣性があるからと、はっきり注意してあるの
② 用言に続くこと。
※俳諧・古学截断字論(1834)上「連用連躰截断の三つをかぬる詞也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連用の関連情報