コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田保 たかたたもつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高田保
たかたたもつ

[生]1895.3.28. 茨城,土浦
[没]1952.2.20. 大磯
劇作家,随筆家。 1917年早稲田大学英文科卒業。雑誌『演芸』の編集を通じて劇作を学び,24年戯曲『天の岩戸』で認められて以来,劇作,脚色,演出などに活躍。第2次世界大戦後は占領下の政治,社会,風俗,文化などあらゆる分野について,庶民的文化人としての立場から風刺とユーモアに富む評論を書いた。著書『ブラリひょうたん』 (1950) ,『第二ブラリひょうたん』 (50) ,『第三ブラリひょうたん』 (51) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田保 たかた-たもつ

1895-1952 大正-昭和時代の劇作家,随筆家。
明治28年3月27日生まれ。新劇運動に参加して,大正13年戯曲「天の岩戸」を発表。昭和4年新築地劇団にくわわり,プロレタリア劇作家として活躍。のち転向し,新派,新国劇で脚色,演出にあたる。戦後「東京日日新聞」に随筆「ブラリひょうたん」を連載して好評を博した。昭和27年2月20日死去。56歳。茨城県出身。早大卒。戯曲集に「人魂(ひとだま)黄表紙」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たかたたもつ【高田保】

1895‐1952(明治28‐昭和27)
劇作家,演出家,作家,エッセイスト。茨城県新治郡土浦に生まれ,1917年早稲田大学卒後,浅草公園の興行街で生活,戯曲に精進し,22年《案山子かかし)》が帝国劇場の戯曲懸賞に当選,昭和初期には劇作家としての地位を確立した。29年新築地劇団に加わり,プロレタリア戯曲家として活躍したが,特高の弾圧で転向,戦時中は商業演劇に入った。第2次大戦後は結核療養ののち,48年から51年まで《東京日日新聞》に《ブラリひょうたん》を連載,当時の政治,社会,風俗を鋭く風刺した名コラムとして高く評価されたが,病が癒えず,52年死去した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高田保
たかたたもつ
(1895―1952)

劇作家、演出家、小説家、随筆家。茨城県生まれ。早稲田(わせだ)大学英文科在学中より新劇運動に参加。卒業後半放浪生活を送ったが、戯曲『天の岩戸』(1924)で認められ、戯曲集『人魂(ひとだま)黄表紙』(1927)を刊行。のち新築地(つきじ)劇団に参加したが、転向して新劇運動から離れ、新派、新国劇の脚色・演出にあたった。第二次世界大戦後、東京日日新聞社の社友となり、同紙に風刺に満ちた警世の随筆『ブラリひようたん』(1948~51)を連載、好評を博した。ほかに自伝的小説『人情馬鹿』(1932~33)がある。[藤木宏幸]
『『高田保著作集』全五巻(1952~53・創元社) ▽榊原勝著『高田保伝』(1982・風濤社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高田保の関連キーワード基礎社会・派生社会基礎社会と派生社会デュルケーム多元的国家論米田 庄太郎日本演劇協会夏堀 正元米田庄太郎社会的紐帯ウェーバー形式社会学ウィクセル古海 卓二近代経済学3月28日昭和時代地代論争全体社会民族意識櫛田民蔵

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android