コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

制度通 せいどつう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

制度通
せいどつう

中国の制度の変遷,中国と日本の制度の関係について述べた書。 13巻。江戸時代中期の儒者伊藤東涯の著。享保9 (1724) 年の自序があるが,寛政9 (97) 年刊行。日本の制度については王朝以降には論及していないが,記述は実証的で正確である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいどつう【制度通】

中国歴代の制度の沿革と,対応する日本の制度との関係を項目別に述べた書物。伊藤東涯撰。13巻。内容は,天文,暦法,地理,官制,官吏任用,税役制,度量衡,礼楽,律令格式,兵制,法制といった制度全般にわたり,中国の古代から明代にいたる間の変遷を簡明に跡づけるとともに,それぞれの条に〈本朝之制〉の名目を唐の記事に続けて設け,唐制と比較しやすくしていて,今なお最も信頼しうる制度史入門書である。【礪波 護】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

制度通の関連キーワード土生熊五郎萩野 由之石原正明神田孝平萩野由之

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android