進寄(読み)すすみよる

精選版 日本国語大辞典の解説

すすみ‐よ・る【進寄】

〘自ラ四〙
① 進んで近寄る。
※古事談(1212‐15頃)四「すゑて探らむといひければ、進寄て鷹を移しければ」
② 近づいて行って思うことをうちあける。また、近づいて親しくする。
※源氏(1001‐14頃)梅枝「心よわくすすみよらむも、人笑はれに、人のねんごろなりしきざみに、なびきなましかばなど、人知れずおぼし嘆きて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる