梅枝(読み)ウメガエ

  • 巻名・曲名

デジタル大辞泉の解説

源氏物語第32巻の巻名。光源氏39歳。明石の姫君明石の中宮)の裳着(もぎ)と入内(じゅだい)の準備などを描く。
謡曲。四番目物世阿弥作。管弦の役争いで討たれた楽人富士の妻の霊が、津の国住吉を訪れたに嘆きを語る。
箏曲(そうきょく)。八橋検校が作曲した組歌のうち、表組(おもてぐみ)に属す。別称、千鳥の曲、嵐の曲。
催馬楽(さいばら)曲名呂(りょ)の曲に属する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:永正2.11.7(1505.12.2)
生年:生年不詳
室町時代,三条西実隆の仕女。30年間にわたって下女として仕え,実隆もその日記に正直者と記している。しかし,永正2(1505)年11月,中風で死に瀕した際,死穢を恐れた実隆の手で今出川辺に出され,河原で朽ち果てて一生を終えた。<参考文献>原勝郎『東山時代に於ける一縉紳の生活』

(細川涼一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘連語〙 梅の枝。
※万葉(8C後)八・一四三六「含(ふふ)めりと言ひし梅我枝(うめガえ)今朝降りし沫雪にあひて咲きぬらむかも」
[2] 〘名〙
[一] 「源氏物語」第三二帖の名。光源氏三九歳の正月から三月まで。明石姫君の裳着から入内の決定、その用意をめぐる出来事などを描く。
[二] 謡曲。四番目物。各流。作者不詳。身延山の僧が住吉を訪れると、管弦の役を争って殺された富士という楽人の妻の亡霊が現われ、「越天楽」を奏する。「富士太鼓」は同材を扱った現在能。
[三] 浄瑠璃「平仮名盛衰記」に登場する傾城の名。初めは腰元で千鳥といった。梶原源太景季の恋人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅枝の関連情報