進納(読み)シンノウ

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐のう ‥ナフ【進納】

〘名〙 たてまつること。献納。進献。
太神宮諸雑事記(11C中か)「官幣進納之例不祭日者也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の進納の言及

【売官】より

…一般には官職売買ともいわれる。
[中国]
 中国の場合,時代により貲選(しせん),進納,捐納(えんのう)など呼称は変わるが,米穀または金銭上納の代償として爵位,官職を与える制度は秦・漢にさかのぼる。納粟授爵は商鞅(しようおう)時代にあったとされるが,始皇帝4年(前243)には粟千石を納めれば爵一級が与えられた。…

※「進納」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android