コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進納 シンノウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐のう〔‐ナフ〕【進納】

奉(たてまつ)ること。献納。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の進納の言及

【売官】より

…一般には官職売買ともいわれる。
[中国]
 中国の場合,時代により貲選(しせん),進納,捐納(えんのう)など呼称は変わるが,米穀または金銭上納の代償として爵位,官職を与える制度は秦・漢にさかのぼる。納粟授爵は商鞅(しようおう)時代にあったとされるが,始皇帝4年(前243)には粟千石を納めれば爵一級が与えられた。…

※「進納」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

進納の関連キーワード平安時代初倉荘檜物荘葛野荘山科家知行国地頭請守護請酒屋役一対局信勝尼好島荘温泉荘官戸経所交分税所官稲御厨売官

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android