遅発性脳血管攣縮(読み)チハツセイノウケッカンレンシュク

デジタル大辞泉「遅発性脳血管攣縮」の解説

ちはつせい‐のうけっかんれんしゅく〔‐ナウケツクワンレンシユク〕【遅発性脳血管×攣縮】

蜘蛛膜下出血の発症後、数日から2週間ほど経過してから、脳の血管が異常に細くなること。
[補説]症状が現れないこともあり、脳梗塞などの症状が出るものを症候性脳血管攣縮脳血管攣縮)という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android