コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運動包囲線 うんどうほういせんmaneuvering envelope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運動包囲線
うんどうほういせん
maneuvering envelope

航空工学用語。荷重倍数n と対気飛行速度 V をそれぞれ縦および横の座標軸とする座標面上に,制限運動荷重倍数と設計飛行速度との組み合わせをプロットしてできる多角形の図表をいい,V-n 線図とも呼ぶ。この包囲線の中ではすべての速度と荷重倍数の組み合わせについて強度上安全な運動ができることを保証する必要があり,強度設計をするうえできわめて重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

運動包囲線の関連キーワード多角形座標軸

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android