コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷重倍数 かじゅうばいすうload factor

翻訳|load factor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荷重倍数
かじゅうばいすう
load factor

航空機が飛行中に受ける空気力を水平定常飛行時の荷重,すなわちその機体重量で割った値をいう。具体的には航空機が操縦操作や突風などで飛行中に受ける力が,その航空機の重量の何倍であるかを表し,水平飛行の場合は+1となる。運用荷重倍数,制限荷重倍数,突風荷重倍数などは飛行機の運動を規定する重要な数値で,日本の民間機に関する規定では,たとえば普通の飛行機では運動荷重倍数が上向きに+3.8,下向きに-1.42,ヘリコプタでは上向きに+3.5,下向きに-1.0のように定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

荷重倍数の関連キーワード運動包囲線航空機

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android