図表(読み)ズヒョウ

大辞林 第三版の解説

ずひょう【図表】

物の数・量などの、他の物との関係を直線・曲線・図形・数字の表などで表したもの。グラフ。 「仕事の進み具合を-にして示す」
図と表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ず‐ひょう ヅヘウ【図表】

〘名〙
① 図と表。
女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉三「図表の通り今尚ほ原形の儘天に聳へ態々此れだけを見物に来る人も夥しい事です」
数値を読み取ることのできる図。〔工学字彙(1886)〕
※貧乏物語(1916)〈河上肇〉三「左の図表中、黒の曲線は、受験児童四十名の体重増加率を示せるものにて」
③ 数学で、関数関係その他の関係を直線または曲線によって図示したもの。グラフ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

図表の関連情報