運命交響曲(読み)うんめいこうきょうきょく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運命交響曲
うんめいこうきょうきょく

ベートーベン作曲の交響曲第5番ハ短調(作品67)の通称。第1楽章冒頭の四つの音からなる動機を、「かく運命が戸をたたく」とベートーベン自身が説明した、と弟子シントラーが伝えて以来、この劇的な題で呼ばれる事が多い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android