コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過剰避難 カジョウヒナン

デジタル大辞泉の解説

かじょう‐ひなん〔クワジヨウ‐〕【過剰避難】

緊急避難としてなされる行為で、生じた害が、その避けようとした害の程度を越えていると判断されるもの。違法行為ではあるが、情状によって刑が軽減・免除されることがある。→緊急避難

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かじょうひなん【過剰避難】

〘法〙 緊急避難として認められる限度を超えた行為。違法なものとされるが、情状により刑が軽減、または免除される。 → 緊急避難

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過剰避難
かじょうひなん

緊急避難」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の過剰避難の言及

【緊急避難】より

…両者が同じでもよい。もっとも,補充の原則や法益権衡の原則を満たさない場合でも,犯罪として成立はするが,情状によってはその刑を減免できる(過剰避難,37条1項但書)。また,現在の危難が実はないのにあると誤信して行為した場合は緊急避難ではないが,誤想避難といって,少なくとも故意犯にはならず,ただ誤認したことについて過失があれば,過失を罰する規定がある場合に限って過失犯として処罰される。…

※「過剰避難」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報