違法行為(読み)イホウコウイ

百科事典マイペディアの解説

違法行為【いほうこうい】

民法上,法律要件(法律上の効果を生ずる生活関係)の一つで,適法行為に対する。法秩序一般の理念に照らしてこれに違反する行為が違法行為であり,不法行為債務不履行とがある。この両者によって損害賠償責任を生ずる。
→関連項目違法性阻却事由差止請求権法人犯罪

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いほう‐こうい ヰハフカウヰ【違法行為】

〘名〙 法秩序に反する行ない。損害賠償など、法的な制裁が課せられる行為。
※松川裁判について(1958)〈広津和郎〉「裁判官がかかる証拠の造をするということは、憲法の精神を無視した違法行為であります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の違法行為の言及

【違法性】より

…この事由を違法性阻却(正当化)事由という。
[刑法]
 刑法上の違法行為には刑罰という厳しい制裁が加えられるため,他の法領域とは異質の違法性が要求される(可罰的違法性)。そして,どのような行為が刑法上違法であるかは,あらかじめ国民の前に明示されねばならない(罪刑法定主義)。…

※「違法行為」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

違法行為の関連情報