コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道の神 ミチノカミ

大辞林 第三版の解説

みちのかみ【道の神】

道路・旅行者の安全を守る神。道祖神。 「玉桙たまほこの-たち賂まいはせむ/万葉集 4009

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

道の神の関連キーワード天満宮(菅原道真を祀る神社)ロディンジャイト飯篠長威斎家直高倉 徳太郎神奈川[区]三船 久蔵藍閃石片岩阿智[村]中村 長八神仏同体説切麻・切幣出雲大社教神埼(市)神殿建築藤原陳忠中村長八天神人形吉田一保両部神道忌部正通

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道の神の関連情報