通行(読み)ツウコウ

  • つうこう ‥カウ
  • つうこう〔カウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
ある所を通って行くこと。また、ある方向へ向かって行くこと。「車が道の左側を通行する」「通行止め」「通行人」
広く世間一般に行われること。「現代通行している

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
人や車が道を通ること。往来すること。 左側- 堀割の功成て大船の-するに至れば/西洋道中膝栗毛 魯文
広く一般に行われていること。 世間に-している説

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ある所を通って行くこと。通り過ぎること。往来すること。
※富家語(1151‐61)「京極殿土御門面は不令通行」
※雨の日ぐらし(1891)〈山田美妙〉忘れぬ慈愛「其辺をば毎日汽車が通行(ツウカウ)し」 〔漢書‐高帝紀・上〕
② ある所へ向かって行くこと。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)二「ハハア夫じゃア何所へか御通行のお戻りだね」
③ 広く一般に行なわれること。世間に通じ行なわれること。
※随筆・秉燭譚(1729)四「しかれば玉来と云ものは、霊芝の一名なり。〈略〉今世通行の書にはあらはれず」 〔漢書‐王吉伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通行の関連情報