通行(読み)つうこう

精選版 日本国語大辞典「通行」の解説

つう‐こう ‥カウ【通行】

〘名〙
① ある所を通って行くこと。通り過ぎること。往来すること。
※富家語(1151‐61)「京極殿土御門面は不令通行」
※雨の日ぐらし(1891)〈山田美妙〉忘れぬ慈愛「其辺をば毎日汽車が通行(ツウカウ)し」 〔漢書‐高帝紀・上〕
② ある所へ向かって行くこと。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)二「ハハア夫じゃア何所へか御通行のお戻りだね」
③ 広く一般に行なわれること。世間に通じ行なわれること。
※随筆・秉燭譚(1729)四「しかれば玉来と云ものは、霊芝の一名なり。〈〉今世通行の書にはあらはれず」 〔漢書‐王吉伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「通行」の解説

つう‐こう〔‐カウ〕【通行】

[名](スル)
ある所を通って行くこと。また、ある方向へ向かって行くこと。「車が道の左側通行する」「通行止め」「通行人」
広く世間一般に行われること。「現代通行している暦」
[類語]運行交通通る運転走る走行往来往還行き来行き交い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「通行」の解説

【通行】つうこう(かう)

往来する。また、広く流布する。〔漢書、王吉伝〕(上)今(をさ)むる以(ゆゑん)のは、禮義科指の世世行すべきるにざるなり。獨(た)だ刑法を設けて、以て之れを守るのみ。

字通「通」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android