道は近きにあり、しかるにこれを遠きに求む(読み)みちはちかきにありしかるにこれをとおきにもとむ

精選版 日本国語大辞典の解説

みち【道】 は 近(ちか)きにあり、しかるにこれを遠(とお)きに求(もと)

(「孟子‐離婁上」に「道在邇而求諸遠、事在易而求諸難」とあることば) 人の道は、ごく手近な所にあるのに、わざわざ高遠な所に求めようとする。いたずらにむずかしい理論を否定したもの。
※狂言記・箕被(1700)「道はちかきにあれど、是を遠きに求、事はやすきにあれど、是をかたきに求といふせいげんのきんげんが有」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android