コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕被 ミカズキ

デジタル大辞泉の解説

みかずき〔みかづき〕【箕被】

狂言。連歌に明け暮れる愛想をつかしたが、離縁しるしを被(かず)いて出ていこうとすると、それを見て夫が発句を詠む。妻は脇句でみごとに応じて、仲直りする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みかずき【箕被】

狂言の曲名。女狂言。大蔵,和泉両流にある。妻は,連歌に熱中して家に寄りつかない夫に愛想をつかし,離縁してくれという。夫は暇のしるしに妻が手慣れた箕を渡すと,それをかぶって妻は出て行く。その後ろ姿を見て夫が思わず〈いまだ見ぬ二十日の宵の三日月(箕被)は〉と発句を詠むと,妻は〈今宵ぞ出づる身(箕)こそ辛けれ〉と脇句を付ける。妻の見事な手並みに驚いた夫は,これからは家にいて夫婦で連歌を楽しもうと,家に呼び入れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みかずき【箕被】

狂言の一。連歌にこって家に寄りつかぬ夫に愛想をつかした妻が家を出ようとする。夫が別れのしるしに箕を渡して一句吟ずると、妻は別れの心情を盛り込んだ脇を付け、夫を感心させる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

箕被
みかずき

狂言の曲名。女狂言。連歌(れんが)好きの夫(シテ)が、明日は自分の家で連歌の会を催すのでその用意をするよう、妻に言いつける。妻は貧窮の身で連歌の会どころではないと聞き入れず、どうしても会を開くなら離縁してくれという。これを承知した夫は、離縁のしるしを要求されて何もないので箕(み)を与え、その箕を被(かず)いて出て行く後ろ姿を見て「いまだ見ぬ二十日の宵の三日月(箕被き)は」と発句を詠みかける。これを聞いた妻が「今宵(こよい)ぞ出(い)づる身(箕)こそつらけれ」とみごとに脇句(わきく)を付ける。すっかり感心した夫は、妻の気持ちを理解してわびを入れ、めでたく復縁する。この付け合いの句は大蔵(おおくら)流であるが、和泉(いずみ)流では「三日月(箕被き)の出(い)づるも惜しき名残(なごり)かな」「秋(飽き)の形見に暮れていく空」となる。夫婦物の狂言としては珍しく妻の性格がおとなしく、俳味の漂う情趣豊かな曲。[林 和利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

箕被の関連キーワード蛻け・藻抜けふっつと呉りゃる塵を結ぶ有無に天神ぞ女物衣衣言葉別れ心情狂言

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android