コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠弥計赤蜂 おやけ あかはち

2件 の用語解説(遠弥計赤蜂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠弥計赤蜂 おやけ-あかはち

?-1500 琉球(りゅうきゅう)の豪族。
八重山の人。国王尚真(しょうしん)が中央集権化をすすめたとき,貢租に反対して王府軍とたたかった。征討軍3000余を相手に奮戦したが敗れ,尚真王24年自刃(じじん)したといわれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

遠弥計赤蜂

没年:尚真24(1500)
生年:生年不詳
中世琉球の八重山地方の豪族。ライバルを圧倒して強大となり,貢租を拒否するなど首里城に君臨する王に敵対したが,大軍を差し向けられ鎮圧された。屈強な肉体を持ち,茶色の髪に青い目の人物だったとする伝説もあるが,その出自について確かなことは何も分かっていない。近世の記録は,反乱の首謀者は赤蜂とホンガワラの両名だったと記す。こうした地域抵抗を排して,琉球の王権はしだいに強化された。<参考文献>高良倉吉『新版・琉球の時代』

(高良倉吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠弥計赤蜂の関連キーワード西表島豪族八重山八重山地震八重山上布八重山吹ライバルトライバル明和の大津波仲宗根豊見親

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone