コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貢租 コウソ

デジタル大辞泉の解説

こう‐そ【貢租】

年貢。租税

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうそ【貢租】

みつぎもの。年貢。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の貢租の言及

【封建地代】より

…封建社会においては,封建的生産関係が支配的であり,そのもとにおいて,土地の支配者である領主(封建的土地所有者)は,その土地に居住している農民(および手工業者など)から,賦役(ふえき)や年貢(ねんぐ)などさまざまな貢租を徴収する。その賦役や貢租を総称して封建地代という。…

※「貢租」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

貢租の関連キーワード水呑み百姓・水吞み百姓フォルマリアージュ長宗我部元親百箇条ゴッドフレッド田畑勝手作許可ドイツ農民戦争カーヌーンゴーベネフィキウムばんどり騒動年貢皆済目録郷戸・房戸遠弥計赤蜂十分の一税勘定吟味役夫役・賦役分地制限令潰れ百姓封建地代益田元祥小農自立

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android