貢租(読み)コウソ

デジタル大辞泉 「貢租」の意味・読み・例文・類語

こう‐そ【貢租】

年貢租税

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「貢租」の意味・読み・例文・類語

こう‐そ【貢租】

  1. 〘 名詞 〙 みつぎ。おおやけに納める金品。年貢(ねんぐ)
    1. [初出の実例]「貢祖に二義あり、一は以て上み思徳を敬謝するの礼物とす、是則ち貢租の正意なり」(出典:開化本論(1879)〈吉岡徳明〉上)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の貢租の言及

【封建地代】より

…封建社会においては,封建的生産関係が支配的であり,そのもとにおいて,土地の支配者である領主(封建的土地所有者)は,その土地に居住している農民(および手工業者など)から,賦役(ふえき)や年貢(ねんぐ)などさまざまな貢租を徴収する。その賦役や貢租を総称して封建地代という。…

※「貢租」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android