コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤幸左衛門 えんどう こうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤幸左衛門 えんどう-こうざえもん

?-? 江戸時代中期の殖産家。
筑前(ちくぜん)(福岡県)の人。宝暦13年(1763)朝倉郡の金川で川茸(かわたけ)(藍藻(らんそう)類の一種)をみつけ,その製品化を研究した。のち子の喜三衛門が乾燥製法を考案し,製品は秋月藩主によって寛政5年寿泉苔(たい)と命名され,藩の特産物となった。名は共易。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

遠藤幸左衛門の関連キーワード筑前

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android