コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遮光器 しゃこうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遮光器
しゃこうき

極北民族が用いる,雪からの反射光線を防ぐための眼鏡様のもの。木や獣皮などでつくられ,中央に横に細い孔があけられている。日本では,縄文時代晩期に主として東北地方にあたかもこの遮光器を掛けたような顔をした土偶が発達したので,それを遮光器土偶と呼んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

遮光器の関連キーワード亀ヶ岡石器時代遺跡つがる(市)亀ヶ岡遺跡バンドック大崎(市)中野大地正木航平田尻

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遮光器の関連情報