コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遮光器 しゃこうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遮光器
しゃこうき

極北民族が用いる,雪からの反射光線を防ぐための眼鏡様のもの。木や獣皮などでつくられ,中央に横に細い孔があけられている。日本では,縄文時代晩期に主として東北地方にあたかもこの遮光器を掛けたような顔をした土偶が発達したので,それを遮光器土偶と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遮光器の関連情報