郭巨(読み)かくきょ

精選版 日本国語大辞典「郭巨」の解説

かく‐きょ クヮク‥【郭巨】

中国、後漢の人。二十四孝のひとり。家が貧しく、母が食を減らすのを見て、一子を埋めようと思い、土にあなを掘ったところ、黄金が現われ、その上に「天、孝子郭巨に賜う」と書いてあったという。

かっ‐きょ クヮク‥【郭巨】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「郭巨」の解説

かく‐きょ〔クワク‐〕【郭巨】

中国、後漢の人。二十四孝の一人。貧しさのため母が食を減らすのを見かね、一子を埋めようと地を掘ったところ、「天、孝子郭巨に賜う」と書いた黄金の釜を発見したという。

かっ‐きょ〔クワク‐〕【郭巨】

かくきょ(郭巨)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android