後漢(読み)ごかん

旺文社世界史事典 三訂版「後漢」の解説

後漢
ごかん

25〜220
新の皇帝王莽 (おうもう) を倒して劉秀 (りゆうしゆう) (光武帝)が再興した漢王朝。東漢ともいう
都は洛陽。同時期,西方にはローマが存在しており,「パックス−ロマーナ」に象徴されるように東西両大国の成立によって東西交易が活性化した。しかし,2世紀から両国とも衰退しはじめ,後においては幼少の皇帝があいつぐなか,宦官外戚が台頭し,政治は乱れた。184年より発生した黄巾の乱と,その討伐にあたった各豪族による乱後の建国対立などでさらに混乱し,220年献帝が (ぎ) の曹丕 (そうひ) (文帝)に位を奪われて滅んだ。

後漢
こうかん

947〜950
五代第4の王朝
後晋の武将突厥 (とつけつ) 族沙陀 (さだ) 部出身の河東節度使劉知遠 (りゆうちえん) が建国したが,わずか2代4年で滅んだ。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「後漢」の解説

こう‐かん【後漢】

中国、五代の一国。947年、後晋の劉知遠(りゅうちえん)(高祖)が建国。都は汴京(べんけい)(開封)。950年、後周に滅ぼされた。ごかん。

ご‐かん【後漢】

中国古代の王朝。25年、前漢景帝の6世の孫、劉秀(りゅうしゅう)光武帝)がを滅ぼして、漢を再興。都は洛陽(らくよう)。220年、献帝のとき魏(ぎ)に滅ぼされた。東漢
こうかん(後漢)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「後漢」の解説

ご‐かん【後漢】

中国古代の王朝名。
[一] 王莽(おうもう)の新が滅びたのち、西暦二五年、劉秀(光武帝)が再興した漢王朝。都は洛陽。三代までは栄えたが、二二〇年、外戚、宦官の介入による政治の混乱と地方豪族の割拠によって滅亡した。東漢。
[二] 五代十国の後漢(こうかん)

こう‐かん【後漢】

中国の国名。五代の一つ。九四七年、突厥沙陀部出身の劉知遠が、後晉を滅ぼした遼軍が引き揚げたのち、大梁(河南省開封県)を中心に建てた国。二代で、九五〇年後周に滅ぼされた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「後漢」の解説

後漢
こうかん

五代」のページをご覧ください。

後漢
ごかん

」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の後漢の言及

【漢】より

…ただし漢は紀元8年に外戚の王莽(おうもう)によって帝位を奪われて一時中断したが,25年には一族の劉秀(光武帝)によって復活した。そのため王莽が簒奪する以前の漢を前漢といい,復活後の漢を後漢という。また前漢は都を長安におき,後漢は都を洛陽に定めたため,都の位置から前漢を西漢,後漢を東漢とよぶことがある。…

【漢】より

突厥(とつくつ)沙陀部の劉知遠が大梁(河南省開封)に建てた国。後漢ともいう。五代王朝のなかでももっとも短命で,わずか2主4年で滅びた。…

【漢】より

…ただし漢は紀元8年に外戚の王莽(おうもう)によって帝位を奪われて一時中断したが,25年には一族の劉秀(光武帝)によって復活した。そのため王莽が簒奪する以前の漢を前漢といい,復活後の漢を後漢という。また前漢は都を長安におき,後漢は都を洛陽に定めたため,都の位置から前漢を西漢,後漢を東漢とよぶことがある。…

※「後漢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android