コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後漢 コウカン

デジタル大辞泉の解説

こう‐かん【後漢】

中国、五代の一国。947年、後晋劉知遠(りゅうちえん)(高祖)が建国。都は汴京(べんけい)(開封)。950年、後周に滅ぼされた。ごかん。

ご‐かん【後漢】

中国古代の王朝。25年、前漢景帝の6世の孫、劉秀(りゅうしゅう)光武帝)がを滅ぼして、漢を再興。都は洛陽(らくよう)。220年、献帝のとき魏(ぎ)に滅ぼされた。東漢
こうかん(後漢)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

後漢【ごかん】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こうかん【後漢】

中国、五代の一。後唐・後晋の臣、劉知遠が建てた中原の王朝(947~950)。都は大梁。二世四年で部将の郭威に滅ぼされた。

ごかん【後漢】

中国、劉秀(光武帝)が王莽おうもうの新を滅ぼして復興した漢王朝(25~220)。都は洛陽。黄巾の反乱で衰退、滅亡した。前漢を西漢というのに対し東漢ともいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後漢
こうかん

五代」のページをご覧ください。

後漢
ごかん

」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の後漢の言及

【漢】より

…ただし漢は紀元8年に外戚の王莽(おうもう)によって帝位を奪われて一時中断したが,25年には一族の劉秀(光武帝)によって復活した。そのため王莽が簒奪する以前の漢を前漢といい,復活後の漢を後漢という。また前漢は都を長安におき,後漢は都を洛陽に定めたため,都の位置から前漢を西漢,後漢を東漢とよぶことがある。…

【漢】より

突厥(とつくつ)沙陀部の劉知遠が大梁(河南省開封)に建てた国。後漢ともいう。五代王朝のなかでももっとも短命で,わずか2主4年で滅びた。…

【漢】より

…ただし漢は紀元8年に外戚の王莽(おうもう)によって帝位を奪われて一時中断したが,25年には一族の劉秀(光武帝)によって復活した。そのため王莽が簒奪する以前の漢を前漢といい,復活後の漢を後漢という。また前漢は都を長安におき,後漢は都を洛陽に定めたため,都の位置から前漢を西漢,後漢を東漢とよぶことがある。…

※「後漢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後漢の関連キーワード道の傍の碑の文魏晋南北朝時代鄭注・鄭註般舟三昧経漢(五代)烏丸・烏桓金匱要略行尸走肉呉越春秋太上老君白虎通義楽浪漢墓こうかん劉 知遠丹波氏潜夫論鄭 玄一壺天月旦評永昌郡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後漢の関連情報