コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭州黄河風景名勝区 ていしゅうこうがふうけいめいしょうく

1件 の用語解説(鄭州黄河風景名勝区の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ていしゅうこうがふうけいめいしょうく【鄭州黄河風景名勝区】

中国の河南(かなん)省の省都、鄭州市街の北約30kmにある、黄河水利施設と展望台を備えた公園、遊覧区。1972年に完成し、黄河の水をコントロールするボウ山揚水ステーションを中心に大禹像、母親像をはじめ、極目閣、浮天閣などがあり、「黄河碑林」と呼ばれる石碑が建ち並ぶ。ほかにも美術館や吊り橋、植物園、レストランなど多彩な施設がそろっている。特に、ここの展望台から眺める雄大な黄河は圧巻。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鄭州黄河風景名勝区の関連キーワード海南河南省河南奉天河南浦省都鄭州福建かなん河南[省]

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone