コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭州黄河風景名勝区 ていしゅうこうがふうけいめいしょうく

世界の観光地名がわかる事典の解説

ていしゅうこうがふうけいめいしょうく【鄭州黄河風景名勝区】

中国の河南(かなん)省の省都、鄭州市街の北約30kmにある、黄河水利施設と展望台を備えた公園、遊覧区。1972年に完成し、黄河の水をコントロールするボウ山揚水ステーションを中心に大禹像、母親像をはじめ、極目閣、浮天閣などがあり、「黄河碑林」と呼ばれる石碑が建ち並ぶ。ほかにも美術館や吊り橋、植物園、レストランなど多彩な施設がそろっている。特に、ここの展望台から眺める雄大な黄河は圧巻。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android