圧巻(読み)アッカン

  • あっかん ‥クヮン
  • あっかん〔クワン〕

デジタル大辞泉の解説

《「」は、昔の中国の官吏登用試験の答案。最優等者のものをいちばん上にのせたところから》書物の中で最もすぐれた詩文。作中最もすぐれた部分。転じて、全体の中で、最もすぐれた部分。出色(しゅっしょく)。「恋人との別離の場面は圧巻だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

文章弁体弁詩より。古く、中国の官吏登用試験で、最もすぐれた巻(答案)を他の答案の上にのせた故事から
他のものと比べて、はるかにすぐれていること。 ラストシーンが-だった

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (昔、中国の科挙で、及第者のうちの最優秀者の答案を他の答案の上に載せたところから)
① 書物の中でいちばんすぐれた箇所。他を圧倒するほどすぐれた詩文。
※両足院本山谷抄(1500頃)一「詩を編に圧巻が大事ぞ。其人がさる人に賞玩せられ、或は名人と酬作するを第一に載ぞ」 〔文章弁体序説‐排律〕
② 全体の中で最もすぐれた部分。
※私の美術遍歴(1956)〈亀井勝一郎〉北斎漫画「代表作であるのみならず、全作品中の圧巻と云ってゐる人も少くない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

全体の中で、最もすぐれた部分。

[使用例] 中着は疋田でぽってりとしている。圧巻は上着で、黒の五ツ紋、刺繍の金の雲間に大きな鳳凰が飛んでいる[林真理子白蓮れんれん|1998]

[由来] もともとは、中国で、ある詩文や絵画の書物の中で最もすぐれているものを指したことば。たとえば、「せんけいがん」という書物には、一一~一二世紀の北宋王朝の時代に、すでに「圧巻」ということばが使われていたことを示す記述があります。一つの巻の中で、ほかの作品を圧倒するところから生まれたことばかと思われます。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

圧巻の関連情報