石碑(読み)セキヒ

デジタル大辞泉の解説

せき‐ひ【石碑】

石に業績や事跡を記念する文字を刻んで建てたもの。いしぶみ。
墓石。石塔。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せきひ【石碑 shíbēi】

中国では石材を一定の形に加工して,紀念の文章を刻みつけたものをという。先秦時代では石に文章を刻んだものとして,秦国の石鼓文古くから著名であり,近年になって中山国王の刻字河光石が発見されている。いずれも特定の形に加工しない自然石を利用したもので,石刻とよんでいる(秦刻石)。定型化した碑は後漢から始まり,遺例として後漢代の後半のものが各地にのこる。多くは墓前に立て被葬者功績を記したもので,碑身と趺(ふ)からなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐ひ【石碑】

〘名〙
① 石造りの碑。石に記念の文を刻んで建てたもの。いしぶみ。
※太平記(14C後)六「石碑(セキヒ)の上に消え残れる三十一文字を見る人、感涙を流さぬは無かりけり」 〔後漢書‐儒林伝序〕
② 墓標の石。はかいし。石塔。
※浮世草子・近代艷隠者(1686)五「身に親しき一門迚も跡吊(とふら)ふ業さへなさず、〈略〉已飢ながら石碑(セキヒ)立べき望ありしとかや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の石碑の言及

【金石文】より

…碑は本来は廟門に立てて犠牲をつないだり,墓所に立てて棺を縄で墓中につり下ろすときに用いられたものである。これらの碑石がやがて板状になり,台(趺石(ふせき))がつき,文章が刻されて石碑となる。その時期は後漢時代で,立碑が禁止された魏と西晋時代を除き,南北朝から隋・唐にかけて盛んに立てられた。…

※「石碑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android