コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石碑 セキヒ

デジタル大辞泉の解説

せき‐ひ【石碑】

石に業績や事跡を記念する文字を刻んで建てたもの。いしぶみ。
墓石石塔

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せきひ【石碑 shíbēi】

中国では石材を一定の形に加工して,紀念の文章を刻みつけたものをという。先秦時代では石に文章を刻んだものとして,秦国の石鼓文が古くから著名であり,近年になって中山国王の刻字河光石が発見されている。いずれも特定の形に加工しない自然石を利用したもので,石刻とよんでいる(秦刻石)。定型化した碑は後漢から始まり,遺例として後漢代の後半のものが各地にのこる。多くは墓前に立て被葬者の功績を記したもので,碑身と趺(ふ)からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せきひ【石碑】

後世に伝えるため、人の事跡や事件などを記念する文章を刻みつけた石造りの碑。いしぶみ。
墓石。石塔。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の石碑の言及

【金石文】より

…碑は本来は廟門に立てて犠牲をつないだり,墓所に立てて棺を縄で墓中につり下ろすときに用いられたものである。これらの碑石がやがて板状になり,台(趺石(ふせき))がつき,文章が刻されて石碑となる。その時期は後漢時代で,立碑が禁止された魏と西晋時代を除き,南北朝から隋・唐にかけて盛んに立てられた。…

※「石碑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石碑の関連キーワード高知県高知市菜園場町滋賀県大津市下阪本滋賀県長浜市宮司町滋賀県長浜市三田町高知県高知市帯屋町高知県高知市追手筋高知県高知市本町ハンムラピ法典エザナストーンヘルネス石碑広開土王碑秩父青石根府川石謂れ因縁石造り金石文雄勝石伊豆石忠魂碑古碑

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石碑の関連情報