酒垂山満福寺(読み)さかたりやままんぷくじ

防府市歴史用語集の解説

酒垂山満福寺

 防府天満宮[ほうふてんまんぐう]の境内にあって、ともに年中行事を行っていた9つの寺すべてのことを言います。明治時代になるまでは、神をうやまう天満宮と仏教をうやまう寺がいっしょになっていました。しかし、明治時代になり、仏教が排除されると、大専坊[だいせんぼう]以外は取りこわされてしまいます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android