天満宮(読み)てんまんぐう

精選版 日本国語大辞典「天満宮」の解説

てんまん‐ぐう【天満宮】

[一] 大阪市北区天神橋にある神社。旧府社。祭神菅原道真、野見宿禰命(のみのすくねのみこと)、手力雄命(たぢからおのみこと)、猿田彦命(さるだひこのみこと)。天暦七年(九五三)村上天皇の勅によって創立したと伝えられる。旧中島郷総社。七月二五日に行なわれる天神祭は日本三大祭の一つで、華麗な船渡御で知られる。大阪天満宮。天満天神。天満(てんま)の天神さん。てんまぐう。
[二] 群馬県桐生市天神町にある神社。旧県社。祭神は天穂日命(あめのほひのみこと)、菅原道真。景行天皇の頃の開創と伝えられ、磯部明神と呼ばれたが、のち桐生氏が北野神社を勧請合祀して改称。桐生天満宮。
[三] 東京都国立市谷保にある神社。旧府社。祭神は菅原道真・菅原道武。延喜年間(九〇一‐九二三)道真の第三子道武の創立と伝えられ、もと本宿(国分寺市・府中市)にあったが、養和年間(一一八一‐八二)現在地に移る。谷保天満宮。谷保天神。
[四] 高知市天神町にある神社。旧県社。祭神は菅原道真・高視朝臣・北御方。延喜年間(九〇一‐九二三)の創立と伝えられる。潮江天神。潮江天満宮。
[五] (神霊となって天満宮にまつられたところから) 菅原道真をいう。
※都名所図会(1780)二「天満宮降誕之地」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「天満宮」の解説

天満宮
てんまんぐう

大阪府中部,大阪市中央北部,北区に鎮座する元府社。天満天神,天満宮(てんまぐう),大阪天満宮ともいい,俗に天神さんと呼ばれる。菅原道真を主神とし,ヒルゴノミコト,タヂカラオノカミ(手力男神)サルタヒコノカミ(猿田彦神)を配祀する。天暦3(949)年のある夜,かつて道真が参詣した大将軍社の前に突如マツが生え霊光を放ったと聞いた村上天皇が,同 7(953)年に境内に道真をまつったとされる。7月24,25日の天神祭は,京都八坂神社祇園祭とともに,古来夏祭りとして有名。(→天神信仰

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「天満宮」の解説

天満宮【てんまんぐう】

菅原道真を祭神とする神社。〈てんまぐう〉とも。天満神社・天神社・菅原神社・菅原天神社などと称するものもあり,全国に多数分布する。宗祀社は北野天満宮太宰府天満宮。天満は道真に追諡(ついし)された神号〈天満大自在天神〉による。
→関連項目天神天満

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

事典 日本の地域遺産「天満宮」の解説

天満宮

(愛知県岡崎市東蔵前町字火打山13-1)
ふるさとの森」指定の地域遺産。
面積1,800【m2

天満宮

(愛知県岡崎市鴨田町字北浦56)
ふるさとの森」指定の地域遺産。
面積1,600【m2】

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「天満宮」の解説

天満宮
(通称)
てんまんぐう

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
天満宮花梅桜松
初演
文政11.1(大坂・中村歌女座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「天満宮」の解説

てんまんぐう【天満宮】

菅原道真をまつる神社。〈てんまぐう〉ともいい,俗に〈天神さん〉とよばれる場合が多い。平安時代公卿学者であった道真が903年(延喜3)大宰府で没したあと,その地に葬られ,やがて神としてまつられたが,一方京都でもその怨霊がおそれられて,北野に神としてまつられた。それぞれ現在の太宰府天満宮北野天満宮であるが,その道真がまもなく天満大自在天神,天満天神,火雷天神などの神号でよばれたことより,この名が一般となり,道真に対する尊敬が深まるとともに,この太宰府,北野のほかに,そのゆかりの地に,さらに全国各地に勧請されまつられるに至った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の天満宮の言及

【天満宮】より

…平安時代の公卿,学者であった道真が903年(延喜3)大宰府で没したあと,その地に葬られ,やがて神としてまつられたが,一方京都でもその怨霊がおそれられて,北野に神としてまつられた。それぞれ現在の太宰府天満宮北野天満宮であるが,その道真がまもなく天満大自在天神,天満天神,火雷天神などの神号でよばれたことより,この名が一般となり,道真に対する尊敬が深まるとともに,この太宰府,北野のほかに,そのゆかりの地に,さらに全国各地に勧請されまつられるに至った。現在天満宮はその道真の文才よりして学問の神とされるが,また一方で,火雷天神の名よりして雷神信仰と結びつけて農業に関連ある神として崇敬する地もある。…

【天神祭】より

…天神をまつる神社(天満宮)で行われる祭り。菅原道真の命日である25日を祭日とするものが多い。…

【天満】より

…大川以北の地で,旧天満堀川(1872年埋立て)を境として西天満と東天満に分かれる。地名は大坂天満宮鎮座の地に由来するという。天満宮は東天満の中央部に位置し,もと大将軍の森と称する神域であったが,天暦年間(947‐957)村上天皇の勅願により社殿を創建し,天満宮を勧請したもので,のち後水尾天皇のとき御神影ならびに天満宮の社号を与えられたと伝える。…

※「天満宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android