コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢の木 スノキ

デジタル大辞泉の解説

す‐の‐き【酢の木】

ツツジ科の落葉低木。山地に生える。葉は互生し、卵形酸味がある。6月ごろ、白い釣り鐘状の花が、数個ずつ集まってつく。果実球形で、熟すと黒くなる。酸味があり、梅にたとえて小梅ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すのき【酢の木】

ツツジ科の落葉低木。本州中部以西の山中に自生。高さ1メートル 内外。葉は楕円形で、酸味がある。春、緑白色の小花を二、三個ずつ前年枝につける。果実は小球形で黒熟し、酸味が強いが食べられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

酢の木の関連キーワードウスノキツツジ科楕円形スノキ自生小花内外山中

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android