小梅(読み)コウメ

デジタル大辞泉の解説

こ‐うめ【小梅】

スノキの別名。
梅の一変種。果実は小さく直径1センチほどで、塩漬けにして食用とする。 花=春 実=夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうめ【小梅】

ウメの園芸変種。果実は早熟で、たくさんつき丸く小さい。塩漬け・塩干しとする。信濃梅・甲州梅など。 [季] 夏。
ニワウメの別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小梅 (コウメ)

学名:Prunus mume var.microcarpa
植物。バラ科の落葉高木

小梅 (コウメ・コムメ)

植物。バラ科の落葉小低木,園芸植物,薬用植物。ニワウメの別称

小梅 (コウメ)

植物。ツツジ科の落葉低木。スノキの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の小梅の言及

【ウメ(梅)】より

…さらに果実が利用されるものに,前述の豊後梅のほかに,多くの地方品種がある。それらのうち,小さな実を多数つけることで有名な小梅は早生でシナノウメともよばれ,中部地方に多い。ウメの実は未熟のものにはアミグダリンamygdalinを含み,生食すると有毒であるが,梅干し,煮梅,砂糖漬,梅酒などに多く利用されている。…

※「小梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小梅の関連情報