里松庵一寿(初代)(読み)りしょうあん いちじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里松庵一寿(初代) りしょうあん-いちじゅ

?-? 江戸時代後期の華道家。
江戸浅草にすみ,栄松庵一賀に遠州流の生け花をまなぶ。文化8年(1811)ごろ花配り(花留め)の薬研配(やげんくばり)を考案,創始した。姓は鶴岡。編著に「遠州流挿花意匠」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android