コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴岡 ツルオカ

デジタル大辞泉の解説

つるおか〔つるをか〕【鶴岡】

山形県北西部、庄内平野南半を占める市。もと酒井氏の城下町。旧藩校の致道(ちどう)館がある。平成17年(2005)10月に藤島町・羽黒町・櫛引町・朝日村・温海(あつみ)町と合併。人口13.7万(2010)。

つるがおか〔つるがをか〕【鶴岡】

神奈川県鎌倉市、鶴岡八幡宮の社域。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つるおか【鶴岡】

山形県北西部の市。庄内平野南部の商業中心地。近世、酒井氏一三万八千石の城下町。機械・電機・家具などを生産。古くは庄内と称した。

つるがおか【鶴岡】

「鶴岡八幡宮」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鶴岡の関連情報