重なり効果(英語表記)eclipsing effect(cis effect)

法則の辞典の解説

重なり効果【eclipsing effect(cis effect)】

有機化学反応における立体効果の一つ.隣り合う炭素原子Cα とCβ に置換基a,bが結合しているとき,適当な溶液中で試薬と反応する際に,C-C軸が回転してaとbとが同じ側にくると,立体反発や静電反発が著しくなるため,このような遷移状態をとる反応は起こりにくくなる現象をいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重なり効果の関連情報