重代相伝(読み)じゅうだいそうでん

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうだい‐そうでん ヂュウダイサウデン【重代相伝】

〘名〙 祖先から代々伝わっていること。また、そのもの。
※保元(1220頃か)上「重代相伝仕って候ふ月数・日数・源太が生衣・八龍・沢瀉・薄金・楯無・膝丸と申して、八領の鎧候ふが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android