コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重宗甫 じゅう そうほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重宗甫 じゅう-そうほ

?-? 戦国-織豊時代の茶人。
和泉(いずみ)(大阪府)堺の町人千利休にまなび,豊臣秀吉の茶頭八人衆のひとりとなる。のち宇喜多秀家につかえた。「天王寺屋会記」に名がみえる。屋号は櫛屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

重宗甫の関連キーワード茶人