コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重点密集市街地

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

重点密集市街地

国は2003年、1ヘクタールあたり80戸以上、幅4メートル以上の道路に接しない住宅過半数、などを条件全国で約8千ヘクタールを抽出した。公園などが面積に占める割合を示す不燃領域率40%以上の達成を目指す。09年度の目標達成は約4割にとどまる。

(2012-06-12 朝日新聞 朝刊 愛知全県 地域総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうてん‐みっしゅうしがいち〔ヂユウテンミツシフシガイチ〕【重点密集市街地】

老朽化した木造建築物が密集しているため、地震が起きた時などに大規模な火災が発生する可能性があり、安全性を確保するために重点的な改善が必要とされる密集市街地。平成15年(2003)に国土交通省が発表。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

重点密集市街地の関連キーワード新重点密集市街地

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重点密集市街地の関連情報