コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野ばと

デジタル大辞泉プラスの解説

野ばと

チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークの交響詩(1896)。原題《Holoubek》。ボヘミアの作家・詩人カレル・ヤロミール・エルベンの詩集『花束』に着想を得て作曲された交響詩の一つ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

野ばとの関連キーワードスピリドン ワンゲリ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android