野崎歓(読み)のざき かん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野崎歓 のざき-かん

1959- 平成時代のフランス文学者。
昭和34年1月21日生まれ。平成5年一橋大助教授。12年東大助教授。専門のフランス文学ではジャン=フィリップトゥーサンの紹介・翻訳で知られ,スタンダール「赤と黒」などを翻訳。映画評論,文芸評論など幅広く活躍。12年ベルギー・フランス語共同体翻訳賞。13年「ジャン・ルノワール 越境する映画」を中心としてサントリー学芸賞(社会・風俗部門)。18年「赤ちゃん教育」で講談社エッセイ賞。23年「異邦の香り ネルヴァル『東方紀行』論」で読売文学賞研究・翻訳賞。新潟県出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野崎歓の関連情報