コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野遊び ノアソビ

デジタル大辞泉の解説

の‐あそび【野遊び】

野に出て、草を摘んだり会食をしたりして遊ぶこと。 春》
貴族や武士が野に出て狩猟をすること。
「いって狡猟(かり)せむとちぎりて―せむと勧めて」〈雄略紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

野遊び

合同酒精が製造・販売する焼酎の商品名。焦がし麦を原料に使用した本格麦焼酎。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

のあそび【野遊び】

花を見たり、草を摘んだりして野外で春の一日を遊び過ごすこと。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の野遊びの言及

【子の日の御遊び】より

…平安時代,正月初めの子の日に貴族たちが楽しんだ野遊び。小松の根引き(小松引き)や若菜摘みなどが行われたが,これらは年頭にあたって,松の寿を身につけたり,若菜の羮(あつもの)を食して邪気を払おうとしたものと思われる。…

【山遊び】より

…旧暦3月から4月にかけて,山野に出て食事をしたり遊んだりして終日を過ごすこと。野遊び,野掛けともいうが,海辺に出かけることもあって磯遊びともいわれている。3月3日や4月8日に決めて行う所が多く,この風は全国に及んでいる。…

※「野遊び」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野遊びの関連情報