コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野遊び ノアソビ

デジタル大辞泉の解説

の‐あそび【野遊び】

野に出て、草を摘んだり会食をしたりして遊ぶこと。 春》
貴族や武士が野に出て狩猟をすること。
「いって狡猟(かり)せむとちぎりて―せむと勧めて」〈雄略紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

野遊び

合同酒精が製造・販売する焼酎の商品名。焦がし麦を原料に使用した本格麦焼酎。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

のあそび【野遊び】

花を見たり、草を摘んだりして野外で春の一日を遊び過ごすこと。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の野遊びの言及

【子の日の御遊び】より

…平安時代,正月初めの子の日に貴族たちが楽しんだ野遊び。小松の根引き(小松引き)や若菜摘みなどが行われたが,これらは年頭にあたって,松の寿を身につけたり,若菜の羮(あつもの)を食して邪気を払おうとしたものと思われる。…

【山遊び】より

…旧暦3月から4月にかけて,山野に出て食事をしたり遊んだりして終日を過ごすこと。野遊び,野掛けともいうが,海辺に出かけることもあって磯遊びともいわれている。3月3日や4月8日に決めて行う所が多く,この風は全国に及んでいる。…

※「野遊び」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

野遊びの関連キーワード年中行事(ねんじゅうぎょうじ)野掛け・野掛・野駆け子の日の御遊び寝覚め提げ重ミャークニーピクニック武井 守成沖縄芸能恩納ナベ沖縄舞踊二人大名合同酒精摺狩衣野遊山春慰み山遊び春分狩猟雛祭公園

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野遊びの関連情報