野間 惟道(読み)ノマ コレミチ

20世紀日本人名事典の解説

野間 惟道
ノマ コレミチ

昭和期の出版人 講談社社長。



生年
昭和12(1937)年11月26日

没年
昭和62(1987)年6月10日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京大学法学部〔昭和37年〕卒

経歴
陸軍大将・阿南惟幾の五男。三菱電機に勤務したのち、野間省一4代目社長の女婿として昭和40年に講談社に入り取締役。46年常務、49年専務、50年から4年半は「日刊現代」社長として新分野の開発に当たった。53年代表取締役副社長、56年2月5代目社長に就任し、「ホット・ドッグ・プレス」「ペントハウス」「フライデー」などを次々と創刊、雑誌部門を大きく伸長、業績をあげた。62年6月“フライデー事件”の判決当日に急死した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android